HOME>特集>香典返しと法要の引き出物【カタログギフトを間違えないで選ぼう】

香典返しと法要の引き出物【カタログギフトを間違えないで選ぼう】

カタログ

香典返しと法要の際の引き出物とは意味が異なる

香典返しと法要の際の引き出物は、似たような感じに見えますが、実はとても大きく異なってきます。香典返しに関してはカタログギフトを利用するとよいでしょう。その一方で法要の時の引き出物は、お招きの時に来ていただいた方々への手土産になりますので、それほどこだわる必要はありません。一般的には法要の時の引き出物は、海苔やお茶やコーヒーなどの無難なものとなっています。その一方で香典返しは、香典を頂いた方へのお返しになりますので、きちんとしたものを差し上げるのがルールです。カタログギフトであればランクがありますので、ランクによって使い分けることができます。これならば、受け取った側の人は欲しいものを得ることができます。

女性

品物は変わらないがグレードは変わる

香典返しで大切なのは、香典という形でお金を頂いた方へのお返しになりますので、人によって香典の金額も異なってくるので誰に何をおくるのが良いか、迷ってしまう人は少なくありません。しかし、カタログギフトを使うことでこうした悩みも解決できるでしょう。カタログギフトの場合、品物は変わらないのですが、グレードが変わっていきます。ですから、当然、費用もランクわけされています。多くの香典を頂いてしまった方にはその香典に見合ったランクのカタログギフトをおくってあげましょう。カタログギフトはこんな形でランク分けされているので、とても使いやすくなっています。業者もいろいろとあるので比較検討してみて、より良いものをあげましょう。