HOME>特集>こんなときにカタログギフトが便利【香典返しをもう迷わない】

こんなときにカタログギフトが便利【香典返しをもう迷わない】

カタログ

葬儀のときはいろいろ考えることがあって大変

親しい方の訃報はとても悲しいものですが、それが身内のものなら尚更のことです。しかし、そうした強い悲しみの中で、故人をしっかりと送ってやるのが遺族の務めです。葬儀を執り行うのは誰でも大変なもの。葬儀の方針を決めたり、お寺、友人や会社関係に連絡したり、葬儀会社を決めたり、遺族側になるとさまざまな用事に追われることになります。しかも住む地域やその家ごとのしきたりがあったりして、さらに大変さが加わったりします。通夜や葬儀に訪れてくれる弔問客への対応も遺族側の大事な務めです。特に生前に親交があり、故人と最後のお別れに訪れる方達には感謝とお礼の気持ちをもって接したいものです。しかし、葬儀中はいろいろ考えることも多いため、弔問客に対して十分な対応ができているのか、遺族側としては気になるところも出てくるものです。葬儀をとどこおりなく進めるためには、そうした事情に詳しい人を世話役に立てたり、葬儀会社に依頼したりして葬儀全般を取り仕切ってもらうのが一般的です。何かと雑事が多いですが、肉体的・精神的な負担を軽くするためにも、面倒な香典返しなどはカタログギフトを利用すれば、そうした苦労もかなり軽減できたりします。

婦人

失礼にならずにお返しを渡せる

香典やお供えものをいただいたなら香典返しをするのが昔からの習わしです。葬儀当日にその場で香典返しをする「当日返し」がありますが、何かにつけギフトを贈る機会が多い現在の暮らしの中では、葬儀においてもカタログギフトを選ぶ遺族が増えてきています。香典返しの品物としては昔から多いのがお茶や海苔などの食べ物類、洗剤やタオルなどの日用品ですが、そうした品物はどこの家庭でもストックがありがちです。その点、受け取る側が自分の好きな品物を選べるカタログギフトは、どなたにも失礼にならずに喜ばれる香典返しといえます。例えば、香典が高額になりがちな親族の場合など、趣味や好みに合わない、高額な品物を受け取ってもそんなにうれしくないことは想像できます。しかし、自由に選べるカタログギフトなら、きっと気に入る品物や欲しかった品物が見つかるはずです。上司や目上の方へのお返しなら、高級感ある品物が揃ったカタログギフトを贈れば、故人にとっても失礼にならずに済みます。